適性検査の種類について

採用と深くかかわる適性検査の種類

適正検査を選ぶ時点から企業は失敗できない

企業が採用をする際に取り入れている適性検査は当り前のこととなっています。目的は、応募者の能力や性格面を見る目安となり、企業の業務を行うことに適性がどのくらいあるのかを客観的に判断する材料とするためです。

ひと言で適性検査といってもいろいろな種類があり、企業によって使い分けられています。大きく分けてどんな種類があるかというと、最も知られているのがまずSPI。言語系分野・非言語分野・性格適性分野の3種類を回答していくものです。
次に玉手箱。言語・英語・計数・性格検査の4種類があります。
次は内田クレペリン精神検査。簡単な数字を計算していく検査になります。
次は新卒に採用されるSPIに近いGAB。言語・計数・性格検査の3種類から成る検査です。
最後にコンピューター職で採用されるCAB。法則を見抜く問題、暗算の問題、暗号の読解など、独特な問題になります。

これらが良く知られ、採用されている適性検査ですが、企業からすると、どの適正検査を取り入れるかで人材採用の方向が違ってきてしまいますから、適正検査を選ぶ時点から失敗はできないのです。

適性検査の種類の他、実施方法にも種類がある

学力が高い=必ずしも仕事ができるとは限らないでしょう。だからこそ、適正検査が必要なのです。

学力テストという側面もありますが、能力・性格・興味など、個人差の測定が可能になります。特に新卒採用に至っては、業務の実績がないわけですから、判断基準としては人材の個人差をしっかり見ることが重要になってくるわけです。

採りたい人材に合わせた適性検査の種類はいろいろですが、実施方法にも種類があります。企業の指定会場にて、従来の筆記やマークシートで受ける方法の他、最近ではテストセンターやWeb上で回答していく方法も増えているようです。予約や準備が必要ですが、自分に合った受験方法が選べる点では、緊張がほぐれて有利な場合もあるでしょう。

企業によって実施の方法は違いますので、確認は必要です。