適性テストによるメリット

適性テストでわかること

企業の採用試験ではもちろん、採用されてからも人事の資料として使われることがある適性テスト。

一人一人異なる性格や特徴が、テストの結果で決めつけられてしまうなんて、不本意に感じる人も多いかもしれませんが、人事における適性テストでは、客観的に人物評価ができるツールとして、適性テストが役立っています。

たとえば、適性テストの特徴には、その人物の全体像をあらわす感情・知能・意欲といった側面について、データで把握することができます。

さらに、感情に関しては情緒の安定や活動性、慎重性の強さなどもわかりますし、知能に関しては、言語分野が優れているのか?

それとも数理分野に優れているのか?といった特徴を見抜くことができます。

意欲に関しては、働くために必要な協力的な姿勢や、柔軟性、リーダーシップの有無などについて、面接では測り切れなかったことを知ることができるのです。

 

適性テストと求める人材

受験者にとっては、適性テストは採用と不採用を決定するための嫌なツールのように思えるかもしれませんが、履歴書や面接では理解してもらえなかった新たな特徴などを企業に知ってもらえるチャンスを作ってくれるツールとしてとらえると良いかもしれません。

ただし、採用試験で適性テストを使用する場合、注意しておかなければならない点がひとつあります。

それは、適性テストの種類によって、得られるデータ(情報)が違ってしまうという点です。
たとえば、工場などで地道に同じ作業を繰り返すことができる人材を募集する場合には、性格の特性として集中力や忍耐力の有無などがわかる適性検査をする必要がありますが、豊富な知識や難しい数学の問題を解ける能力の有無はあまり重要ではないかもしれません。

つまり、受験者の持つ能力についてたくさんの情報を引き出すことができるという適性テストのメリットは、企業側が求める人材像を明確にしておかないと、無駄になってしまう可能性があるのです。

適性テストを行う際には、どういった人材が必要なのかという点をよく考えたうえで、目的に合った適性テストを選ぶ必要があります。