職業をハローワークで探す

ハローワークで何ができるの?

就職・転職などでお仕事探しをするのに、ハローワークに出向いて行くと良いでしょう。
そもそもハーワークとはどのような機関であり、何をする場所なのかご存知でしょうか。

ハローワークという名の通り、直訳すれば仕事に出会うといった意味がありますが、もともとは公共職業安定所と呼ばれていました。

ハローワークは、厚生労働省によって管轄された機関のひとつであり、その管轄内のエリアでの求人情報が管理されています。

ハローワークで取り扱われる職業のジャンルは、営業職、事務職など数多くの職種の求人情報があります。
ハローワークでは仕事を探すだけではなく、退職した人の雇用保険の給付手続きや、ハローワークを通じて求人に応募して採用された人への再就職手当の支給の手続きなどを行います。

ハローワークに行くと、仕事を探す人だけではなく、雇用保険の手続きや再就職手当の手続き、公共職業訓練に関する手続きなどをする人がたくさんいます。

 

ハローワークのネット検索

ハローワークに行って仕事を探すのも良いですが、自宅からの距離が遠い場合は、時間がかかり、往復するのに交通費がかかります。

その上、いつどの時間帯に行っても、仕事を探す人があふれていて、求人票を見るまでに時間がかかり、さらに窓口に行くのに順番待ちになることもあります。

仕事探しにその都度、ハローワークに出かけるよりは、ネット検索のサービスも無料なので、これを上手に活用することをおすすめします。

多彩な職種の求人がネット上に掲載されており、職種・雇用形態・就業時間・産業・沿線・就業場所(エリア)・求人票の受理日などの項目で情報が掲載されており、自宅や外出先から24時間いつでも求人検索ができます。

各求人情報の左側には旧人番号が記載されており、さらに詳しい情報を閲覧できます。
気になる求人情報があれば、プリントアウトして求人番号を控えておいて、あとはハローワークの窓口に出向いて、職員に面接の日時スケジュール調整をお願いすると良いでしょう。

ネット検索を上手に活用すれば、より効率良くお仕事探しができるようになります。