社交的な交渉力と広い視野について

企業が欲しい人材に当てはまるキーワード

ビジネスシーンに頻出するワードである“社交的”、“交渉力”、“広い視野”。

社交的”は、あらゆる人々と友好的な関係を築く性質を指します。

外向きに出て行くイメージがありますので、性格の積極性を表す時にもよく使用されることもあるでしょう。“交渉力”は、自分と相手の間にある困った案件の間で、双方の妥協点を探り、上手くいくように持っていく力のことです。

“広い視野”は、あらゆる場面を想定した全体から見渡せる見方や判断力を指しています。

どのワードも、企業が欲しい人材に当てはまるでしょう。
あらゆる場面において、積極的に自分で考えて動ける人材、社内外でスムーズに物事を前進させるパワフルな人材、臨機応変に考えられる人材など、企業としてはこういう人材がいたら即採用したいと思い、社内でも育成できたら良いと思っているのです。

そもそも、若い世代では、人とのコミュニケーションや交渉が嫌いとか、人と関わるのが嫌いという人が増えていますから、“社交的”、“交渉力”、“広い視野”の3拍子揃った人材は、本当になかなかいないかもしれません。

 

本当に貢献しているビジネスマン

営業職・サービスや接客職などの外部との接触が多い仕事は、特に社交的な交渉力と広い視野が要求されることになるでしょう。

ただのおしゃべりな性格というわけではなく、交渉をしながら物事を進めていかなければならない戦術が必要となってくるからです。

顧客とのコミュニケーションでは、あらゆる分野の知識や情報がなければ、話題を提供したり、話を合わせたりすることがきませんから、かなり頭を使うことになるでしょう。

しかも、ある程度の規模の企業ともなれば、国際取引が生じる状況で、異文化や外国語相手に社交的な交渉力を使いこなさなければならない場合も出てきます。広い視野を持ったかなり高い能力が要求されることにもなりますので、この困難な状況を乗り越えた人材こそが本当に貢献しているビジネスマンだといえそうです。