弁護士の適性

弁護士になるのは難しい

エリートな職業というと、よくあげられるのが医師や弁護士です。

「職業に貴賎なし」といいますが「職業は医師です」とか「弁護士です」と聞くと、それだけでなんとなく立派な人のような印象を持ってしまうという人も多いのではないでしょうか?
医師や弁護士が、多くの人からスゴイ、と言われる理由は、まず資格を取得するのが難しいというのがあります。

特に弁護士になるための司法試験は、数多くの資格試験の中でも最難関の試験と言われるほどで、司法試験合格を目指して何度も受験を繰り返している人も大勢います。

司法試験は受験資格を得てから5年間で3回しか受験が許されていませんから、大きなプレッシャーを抱えながらの受験勉強や試験に立ち向かっていくことになるというわけなのです。

 

必要なのは勤勉さ

さきほど、受験資格を得てから…と書きましたが、弁護士になるのであれば、司法試験に合格するのはあたりまえですが、それ以前に法科大学院を修了するか、司法試験予備試験に合格し、受験資格を得ておく必要があります。

法科大学院では、2年~3年かけてみっちりと勉強を行います。

試験やレポートも非常に多いので、法科大学院に入学しても卒業できないという人もいるようです。
そのため、弁護士になるためには、真面目にしっかりと勉強を積み重ねていく姿勢が必要不可欠といえるでしょう。

学生時代にしたテスト勉強といえば、一夜漬けばかりだった、という人は、残念ながら弁護士の適性は少ないといえるかもしれません(もちろん、一夜漬けでも、しっかりと知識が身についているというのであれば、それでもよいのでしょうが…)。

無事司法試験にも合格し、弁護士として働くようになってからも、弁護士の仕事は多くの資料に目を通し、難しい文言や細かな数字と常に対峙していくものです。

そのため、根気よくじっくりと取り組んでいける力がなければ、弁護士の仕事は非常にツライものとなってしまうでしょう。

そして弁護士の仕事を長く続けていくためには、弁護士の資格を生かし、自分がどのような役割を果たせるのかという理想をしっかりと持っていることも必要です。