シュリンク包装業者

シュリンク包装を請け負っている業者

どんなシュリンク包装業者があるのか

シュリンク包装は専門の業者に依頼して行うことができます。代表的な業者としては、松井梱包協和電機などが挙げられます。日本テクノロジーソリューションもシュリンク包装の分野で有名な会社のうちの1つです。いずれもシュリンク包装に関する分野においては、かなり有名な企業だと言えるでしょう。

それら3つのシュリンク包装業者の中で、会社の歴史がもっとも長いのは協和電機です。大正時代に東京都大田区に設立された会社が現在の協和電機の前身です。当初は電機乾燥機メーカーでした。戦後になってからシュリンク包装の分野に躍り出てきます。この頃の商品パッケージにおいて、シュリンク包装はまだ、一般的ではありませんでした。協和電機はシュリンク包装の普及に大きく寄与したと言えます。

そして、ある程度シュリンク包装が一般化してから、他の企業もシュリンク包装機の開発や製造に携わるようになってきました。松井梱包や日本テクノロジーソリューションも会社が設立されたのは、ある程度シュリンク包装が一般に広まってからです。

数量が少なければ業者に依頼しよう

シュリンク包装を行う必要がある場合には、シュリンク包装機を購入したりリースしたりして、自社内で行う他に、業者に外注する方法もあります。

シュリンク包装機を製造開発している松井梱包や日本テクノロジーソリューションでは、請負にも力を入れているので、利用してみるといいしょう。少量でも発注可能です。工場内にシュリンク包装機を設置するスペースがない会社でも、外注に出せば綺麗にシュリンク包装してもらえます。

シュリンク包装機は高額であるため、常に稼働させて大量にシュリンク包装するような会社でないと購入するのは負担が大きいです。少ロットで商品を製造している企業の場合には、業者にシュリンク包装を外注した方が、トータルの経費が安く済みます。外注先のシュリンク包装業者では、非常に多くのシュリンク包装機を使用しているので、商品パッケージを変更したいときでも柔軟に対応してくれるでしょう。製品を製造する数に増減があっても大丈夫です。